旅行業をすぐに始めたい方々へ

煩雑な申請手続きなどで悩んでいませんか?
外国人訪日観光客3000万人が間近に迫る今、インバウンドビジネスは最大のチャンス!
旅行ビジネスを私共のビジネスパートナーシップで。

旅行業登録の種類

第1種旅行業 第1種旅行業 国内外の募集型企画旅行、受注型旅行など制限なし・
供託金7000万円・基準資産額3000万円以上・観光庁申請
第2種旅行業 第2種旅行業 国内旅行の募集型企画旅行、受注型旅行など制限あり・
供託金1100万円・基準資産額700万円以上・各知事申請
第3種旅行業 第3種旅行業 国内旅行の募集型企画旅行、催行地域制限あり・
供託金300万円・基準資産額300万円以上・各知事申請
代理業 旅行業者代理業 ※1 上記各旅行業者の代理業、個別契約・業務範囲制限あり・
供託金無し・各知事申請
地域限定 地域限定旅行業 営業所地域限定・供託金100万円・
基準資産額100万円以上・各知事申請

ビジネスモデル(BIZパートナー募集)

訪日外国人の誘致をお考えなら、まず旅行業の登録をお勧めします。

 ビジネスバートナー参加の流れ

「旅行業者代理業」開業のご提案

  1. メール又はお電話で面談の申し込みをお願いします。
  2. 面談(ヒアリング)のスケジュール調整
  3. 面談(ご要望・取引条件などのご提案、ご説明)
  4. 申込者からの正式申込みの有無(申込様式)
  5. 弊社からの可否のご連絡
  6. 「旅行業者代理業業務委託契約書」を取り交わし、管轄都道府県知事に登録申請を行います。
    概ね1ヶ月後に登録通知が届きます。
  7. 「登録票」「旅行業約款」「取扱料金表」などを営業所内に掲示後、営業活動の開始となります。

※弊社の定例代理店会の御出席をお願いします。
※面談および審査の結果、ご希望に沿えない場合があります。

重要面談の申込み(ヒアリング)

ビジネスパートナーの資格、条件

条件1

  1. 旅行業法に基づく登録要件を満たし、主旨・規定・規則を遵守できる法人・個人(外国籍の方も可)
  2. 弊社の定める要件を満たし、業務委託契約の内容に合意、遵守できる法人・個人(外国籍のの方も可)

条件2

(A)営業保証金の預入れ
(B)申請手続き費用
(C)業務管理費(月々)
(D)売歩合負担金(都度)

※運営には(A)~(D)が必要となります。
概算合計額は面談者の方へ、直接、弊社の担当よりご提案します。

参加のメリット

(注1)一般的な申請による費用積算との比較。
(注2)一部分の申請を協力して頂く場合があります。

ビジネスパートナーシップの流れ

弊社が提案するビジネスパートナー(BP)とは

スタートは少額予算で始めて、
業績に準じてステップアップ(第3種~2種~1種登録)を
目指したい法人・個人、外国籍の方々を
応援サポートするビジネスプログラムです。

その他


弊社は登録申請手続きに精通した行政書士事務所と連携して行います。


弊社は旅行業務の他に「労働者派遣業」「職業紹介業」「外国人技能実習生受入業」などの業務を取り扱っております。


弊社は観光庁長官「旅程管理研修機関」の認定を受けた研修機関です。
(旅程管理とは添乗員の資格です。詳しくは別ページ「旅程管理研修」をご参照ください)

個人業者~大手企業様までご相談はお気軽に!受付中

 03-5812-2822 平日10:00~17:00
 お問合わせはコチラ